「悩む・足を動かす・手を動かす」を減らそう

3つの行動力

ポチっと押していただけると嬉しいです♡
PVアクセスランキング にほんブログ村

この章で伝えたいこと

家事に時間のかからない家を作りたいなら、

家事をしている時に働かせている

頭・手・足を見直してみること。

これが大事っていことを伝えていきます。

3つの行動「悩む・足を動かす・手を動かす」

結論から言うと

家事は

①悩む

②足を動かす

③手を動かす

主に、この3つの行動で成り立っています。

暮らしのトリセツでは、

3つの行動にアプローチをかけて

家事に時間のかからない家づくりをしていきます。

悩む

掃除や買い物など、日々悩むことを減らしていきます。

例えばこんなことで悩むことってありませんか?

ママの悩みの例
  • 洋服をいくつ減らしたら、クローゼットがスッキリ見える?
  • どのタイミングで片づけたら、きれいな家をキープできる?
  • 卵ってまだ冷蔵庫にあったっけ?

ママなら一度はそう悩んだことがあると思います。

ルール決めやリスト管理などで、

悩むという時間を減らしていきます。

足を動かす

家の中の動線を意味します。

動線とは、人が移動する距離のことです。

動線には家事動線/生活動線の2種類があります。

家事動線なら、

料理や洗濯、掃除をする時に移動する距離。

生活動線なら、

朝起きてから、食事、身支度、お風呂、就寝

といった毎日の生活上の移動距離。

ものの配置を考える時には、2つの動線を考えることが必要です。

動線が短い家は、家事の効率性を高めます。

1日の行動範囲を振り返ることからアプローチをしていきます。

多くの足を動かす家の例
  • 1階のリビングで遊ぶ子どものおもちゃを、2階の子ども部屋に置いている
  • 水回りで使う調理道具をコンロ下に収納している
  • 入浴後、着るパジャマや下着を各部屋のクローゼットに収納している

行ったり来たりが増えて、いい動線とはいえません。

手を動かす

足を動かすのが歩行の移動距離に対し、

手を動かすは、手を使う範囲を意味します。

例えば、便箋を取り出す時に

収納棚を開ける

便箋が入っているボックスを取り出す

便箋の外袋を開封して…と手の動作が何度も続くと

取り出すまでに時間がかかるし

元の状態に便箋をしまうことも面倒になります。

多くの手を動かす家の例
  • ティッシュやトイレットペーパーの外袋を外さないままにしてある。
  • 毎日使うキッチンばさみを食器棚の奥の引き出しにしまっている。
  • クローゼットの引き出しに靴下をごちゃまぜに置いている。

引き出しにものを入れる時の向きや配置など

ほんの少しの工夫で改善ができます。

3つの行動を改善すると、家事が時短になる

さっきの例をとって、

どう改善すれば時短になるのかを紹介します。

①悩みの改善

  • 洋服をいくつ減らしたら、クローゼットがスッキリ見える?
アドバイスをみる
服の数はクローゼットに収まる量だけと決める。
ハンガーの本数より多ければ見直し、「1つ買ったら2つ手放す」とルールを決めるとすっきりとしたクローゼットになります。
  • どのタイミングで片づけたら、きれいな家をキープできる?
アドバイスをみる
平日は朝、夜のごはん時がオススメ。
家族もいるので多力で効率よく一斉に片づけることができます。
また、この時間に片づけるというルールを決めてしまえば、ママもいちいち「片づけて」と言わなくてもいいし、気持ちが楽です。
  • 卵ってまだ冷蔵庫にあったっけ?
アドバイスをみる
家族で共有できる買い物リストを活用するのがおススメ。
卵がなくなったら、あらかじめリストに「卵」と追加するだけでOK。
スーパーで「卵あったっけ?」と悩まなくてすみます。

②足を動かすの改善

  • 1階のリビングで遊ぶ子どものおもちゃを、2階の子ども部屋に置いている
アドバイスをみる
子どものおもちゃ=子ども部屋に置くと捉えない。
どこで使うことが多いかを考えて収納する場所を定めます。
  • 水回りで使う調理道具をコンロ下に収納している
アドバイスをみる
水回りで使う調理道具はシンク回り
コンロで使う調理道具はコンロまわりに収納が基本です。
/su_spoiler]
  • 入浴後、着るパジャマや下着を各部屋のクローゼットに収納している
アドバイスをみる
入浴後すぐにとれる範囲に置くといいでしょう。
洗面所の引き出し1つを開けて、トライしてみてください。

③手を動かすの改善

  • ティッシュやトイレットペーパーの外袋を外さないままにしてある。
アドバイスをみる
買ったらすぐに外袋を外しておきましょう。
その後の行動がグッと楽です。
  • 毎日使うキッチンばさみを食器棚の奥の引き出しにしまっている。
アドバイスをみる
使用頻度の高いものは手前に、低いものは奥にいれるが基本です。
毎日使うようであれば、キッチンや冷蔵庫の側面にフックをかけておくのもいいでしょう。
  • クローゼットの引き出しに靴下をごちゃまぜに置いている。
アドバイスをみる
仕切りを設けて、しまう場所をきめてあげましょう。
空間がきれいにまとまるだけでなく、靴下の数や種類を一目で把握することができます。

今回は家事の中の”片づけ”に絞った例とアドバイスをあげました。

これらはほんの一例にすぎませんが、

片づけの4原則を習得すれば、自分で行動することができるようになります。

3つの行動を改善して自分時間を最大化させる

頭・足・手の3つを効果的に働かせて

人生という時間を大事な自分時間に投資できるようにしましょう。

工夫の一つひとつは小さなこと

と思うかもしれませんが、

1しかないのと30の工夫がある家は全然違います。

下のイラストの棒グラフは

家事の工夫をして生み出した自分(ゆとり)時間です。

動線や片づく習慣を整えることで、時間が増えていく構図です。

3つの視点で工夫するときに大切なこと

1.生活行動を振り返る。

「どんな家事に時間をとられているか?」

「いつも片付いていないのはどこか?」

など、意識して過ごすと改善点が見つかったりする。

2.家族の意見を聞く。

自分だけじゃなく

家族が不便に思っていること聞くと

意外にも工夫できるところが見つかったりする。

3.トライ&エラーを繰り返す。

改善は1日にしてならず。

失敗をかさねてこそ、より時短家事の家づくりに近づく。

まとめ

・頭・足・手の動作で無駄なエネルギーを使っていないかを考えよう。

・生活で「面倒だな」と思うことを見つけて、一つひとつ改善していこう

・自分だけでなく、家族からの意見も聞くことで、より使いやすくなる

・改善点をみつけて実際工夫しても、失敗することがある。

 やってみて徐々にブラッシュしていくことが正解!

この記事が「ためになった!」と思ったら、ポチっと押してくれると嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

おすすめ無料動画