収納用品に迷った時に読む記事

収納素材

ポチっと押していただけると嬉しいです♡
PVアクセスランキング にほんブログ村

場所別に適した収納用品の素材を選ぶ

主な素材は5つあります。

プラスチック製(ポリプロピレン

・布製(不織布)

・木製

・ステンレス製

・紙製(段ボールや再生紙)です。

特徴によって、

置ける場所が異なるので

それぞれの特徴を紹介します。

5つの素材の特徴

プラスチック製(ポリプロピレン)

<特徴>

収納用品で一番メジャーなタイプ。

サイズや色、形も豊富なので選びやすい。

<良い点>

安価。丈夫で耐久性に優れる。

水や汚れにも強い。

<悪い点>

機能性に優れるが、インテリアとマッチしにくい。

布製(不織布)

<特徴>

素材が柔らかくカジュアルなインテリアにマッチ

折り畳みができるタイプは

コンパクトにまとまるので、使わない場合はしまえる。

<良い点>

軽い。通気性がよい

<悪い点>

水や汚れに弱い。

重たいものや

汚れやすいアイテムを

収納するのは不向き

(クレヨンなどの文具類)

木製

<特徴>

ナチュラルなインテリアとマッチ

<良い点>

素材の中では丈夫なほう。

重たいものを収納できる

<悪い点>

重さがある。

コーティング加工されていないものは傷つきやすい。

材質によっては扱いが難しく、

火や水、汚れに弱い。

ステンレス製

<特徴>

バスケット型であれば

中身が見やすく在庫管理もしやすい。

持ち手があれば、

重たいものでも持ち運びができる。

積み重ねて使えるタイプもあり。

<良い点>

丈夫でサビにくい。

<悪い点>

重い。引きずったり擦れることで周辺の床や壁を傷つける恐れあり。

紙製(段ボールや再生紙)

<特徴>

色やバリエーションが豊富。

好みのものがみつかりやすい。

優しい風合いでカジュアルなインテリアにマッチ

紙なので破棄もしやすい。

<良い点>

軽い。比較的安価

<悪い点>

壊れやすいため、

毎日使う日用品を収納するともろくなる。

水に弱い。

重たいものや

汚れやすいアイテム収納には不向き

どの場所に適しているか、簡単に区別する方法

では実際、

どこにどんな素材を置いたらいいでしょうか?

それは基本

「水回りかどうか」

それだけです。

水はね1m以内には水に弱い素材を置かないことが大切です。

水回りといえば、キッチン、お風呂場、洗面、トイレがありますね。

布・紙・木製のものはなるべく避けましょう。

こし

インテリアとして飾るオブジェや小物にも同じことが言えるね。

そこだけ注意すれば基本はOKです。

この記事が「ためになった!」と思ったら、ポチっと押してくれると嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

おすすめ無料動画