洋服収納のコツをアイテム別に徹底解説!

洋服

ポチっと押していただけると嬉しいです♡
PVアクセスランキング にほんブログ村

・この章でわかること

  • ファッションアイテム別の収納方法が学べる

・クローゼットにありそうなアイテム一覧

こし

クローゼットは空間をうまく使えば、色んなものを置くことができるよ。

みんなのクローゼットにありそうなアイテムを考えてみました。

ミミ

にゃにゃにゃにゃ!?

ミミのクローゼットは服よりもさかなでいっぱいだニャ!

こし

みーちゃん…
じゃあ、私と一緒にやっていこう♪

どうやって収納すればいいの?

さて、アイテムがわかったところで、

次は

これらをクローゼットにすっきりおさめる方法を紹介するよ。

こし

上のアイテム一覧をもう一回みてね。

この記事では『ファッション』のアイテム別におススメ収納を紹介していくよ。

ファッション

トップス・アウター
※おススメ順に紹介

トップスは大きく5つの収納方法があります。

ベストなのは”①ハンガーにかける”です!

それぞれの良い点/悪い点

①:トップスの数や種類が一目でわかる、シワにならない、たたむ必要がない/特にない

②:①と同じ

③:①と同じ/キャスター周りにホコリがたまる、クローゼットにラックを置けるだけのスペースがないと入らない

④:たくさんの量が入る/畳む必要がある、しわができやすい

⑤:視界的なストレスがない/畳む必要がある、しわができやすい

<こし家愛用アイテム>

スカート
※おススメ順に紹介

スカートは大きく3つの収納方法があります。

トップスと同様、ハンガーにかけるがベスト!

スカートはジーンズ以外はしわができるので

畳むのはやめましょう。

それぞれの良い点/悪い点

①:スカートの数や種類が一目で把握できる/丈によっては下の空間がデッドスペースになりやすい

②:空間を有効活用できる/長いスカートは上部にしかかけられない

③:①と同じ/キャスター周りにホコリがたまる、クローゼットにラックを置けるだけの広いスペースがないと入らない

<こし家愛用アイテム>

パンツ
おススメ順に紹介

パンツは大きく5つの収納方法があります。

④と⑤については、畳んでも大丈夫な素材に限ります。

こし

それぞれの良い点/悪い点については”スカート”と一緒なので省略するよ。

<こし家愛用アイテム>

ワンピース
おススメ順に紹介

ワンピースは大きく2つの収納方法があります。

シワがつきやすい・かさばるという点を考えたら

やはり「かける収納」がベストです。

それぞれの良い点/悪い点

①: ワンピースの数や種類が一目で把握できる/丈によっては下の空間がデッドスペースになりやすい

②: ①と同じ/キャスター周りにホコリがたまる、クローゼットにラックを置けるだけの広いスペースがないと入らない

季節外の服・フォーマルスーツ
※おススメ順に紹介

季節外の服(特にかさばるダウンやコート)や

フォーマルスーツ(冠婚葬祭ドレス)は大きく3つの収納方法をおススメします。

使用頻度が少ないアイテムなので

保管状態を気をつけてあげながら、目立たない場所にしまうのがいいでしょう。

それぞれの良い点/悪い点

①:空間を有効活用できる、邪魔にならない/壁に穴を開ける必要がある

②:圧縮袋などを使えばコンパクトにたくさん収納できる/天袋などケースをしまうスペースが必要

③:服を清潔な保管ルームで預かってくれる、クローゼットがスッキリする/保管費用がかかる

服をかける余裕がないクローゼットの対処法

ミミ

「服をかける」のがいいのはわかったにゃん!
でも、ミミ家はそんな広いクローゼットじゃないにゃ!!<(`^´)>

こし

そうそう!
そんな人もいるはずだね!
そういう時はこんな風にしてみたらどうかな?

・上下1セットにしてスペースを節約する

1アイテムにつき、1ハンガーではなく

コーディネートを組み合わせて収納すると、ゆとりがうまれます。

ミミ

そっか♪
一緒にかけちゃえばいいんだね!

・便利アイテムを使う

連結タイプのハンガーやスラックスハンガーなどを活用すると、

ハンガーパイプのスペースを取らないのでゆとりがうまれます。

ミミ

便利なものも売ってるんだにゃ!!驚
便利な世の中に感謝感謝にゃ(;O;)

この記事が「ためになった!」と思ったら、ポチっと押してくれると嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

おすすめ無料動画

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です