家庭に経済圏を与えたことで得られた喜び

暮らしのトリセツ語録

ポチっと押していただけると嬉しいです♡
PVアクセスランキング にほんブログ村

暮らしのトリセツ語録:STEP2【18】

「今日は○○君の誕生日だから自分のお金でプレゼント買ったよ」

「欲しいものがあるけどお金が足りないー(涙)」

子どもに

お小遣いとしてお金を渡すのではなく

家庭のお仕事を頑張った分だけ

お給料として渡すようになってから

子ども達はお金の使い方について

トライ&エラーを繰り返しながら

やりくりする日々。


実際、

お金の知識は学校では教えてくれないもの



アルバイトをしたり

社会人になってから初めて学ぶことが多い。


  • お金はどうしたらもらえるのか?
  • どうやったらお金を増やせるのか?
  • どんな仕事をしたらお金が増えるのか?



こうしたことはとても大事なことだけど

働ける年齢にならないと学べないし

大きくなったところで

お金に対する

正しい判断材料がなければ

働く環境も選びようがない。



またお金の稼ぎ方や使い方に関しては

親や他人が言い聞かせるよりも

本人が実際にやってみるという

経験を積まないとあまり意味がない。




家事という家の仕事を

家族でシェアをし

お小遣いではなく

お給料制にしたことで

子どもたちがお金の知識を

家庭内で自ら培えることができ

とてもよかったと思う。



  • 頑張ったら対価が得られる喜び
  • できることが増える喜び
  • 欲しいものが高かったら簡単には買えないこと


うれしい体験も

苦い体験もあふれた日常。


そしてやってみた先に

子どもに芽生えた

誰かのためにお金を使う喜び

お給料で紙粘土を買い、妹の誕生日にプレゼントを工作中


時に大好きな友達のためにお菓子をプレゼント


家事シェアツール

”KajiBo”を通して

子どもがやりたいこと

一緒に考えてやってみることが増えました。

子どもに生活を与えるのではなく

家族で一緒に生活を創るスタイル

家族で料理と片づけをシェア



親子で生活を支えあい

時に困難な問題があれば

一緒に乗り越える。


そうした応援関係にある親子の間柄を

これからも大切にしたいと思っています。


語録集はこちらでまとめています♪

暮らしのトリセツ語録

この記事が「ためになった!」と思ったら、ポチっと押してくれると嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

おすすめ無料動画