目標を達成させるために重要な考えかた

次世代レビュー

ポチっと押していただけると嬉しいです♡
PVアクセスランキング にほんブログ村

こし

こんにちは、こしです。
今日の記事は仕事よりの話ですが
普段から成し遂げたい夢や
目標を実現させるために
大切な考え方でもあると思います。

今回は、仕事でお世話になった

数十億円のビジネスを持つ

実業家の加藤さんから

教わった内容を一部抜粋し書きました。



この考え方を教わったことで

物事の判断基準や

優先度の決め方が

変わったので参考になれば嬉しいです。

この記事でわかること
  • 目標を達成できない人の特徴
  • 正しい目標設定の方法
  • 方法論を見つける方法

目標を立てて成功する確率は1000分の1

自分の周りで成功している人、

いつも結果を出している人は

なぜうまくいくのでしょうか?


行動力があるとか、

要領がいいからと思われるかもしれませんが

実は、そう単純なことではありません。

正しい目標と方法論を知っていて、

高いモチベーションで

継続的に行動しているからです。

しかもその成功確率も

数字で予測できてしまいます。



小さい成功ならまだ簡単ですが、

特にビジネスなどで

大きな成功をおさめようとしたときに

成功確率はおよそ1000人に1人。

講師加藤さんが書いていた図を

このまま紹介しますが

成功までの構図はこうです。

①正しい目標を立てる

②目標を達成するための方法論を研究する

③実行して成功する

とてもシンプルなんですが
この3つのプロセスをクリアするのは
とても難しいのです。

上の図(左側)の人数を

見てほしいのですが、

A:

正しい目標を立てられる人は10人に1人しかいません。

B:

正しいやり方をしている人は100人に1人しかいません。

C:

実行して成功する人は1000人に1人しかいません。




つまり

目標を立ててもやり方がわからなければ

成功できないし

目標もやり方もしっているけど、

モチベーションが続かなくて

行動力がなかったら

成功できないのです。



下に行けば行くほど

できる人が減っていき

当然のことながら

成功率は低くなっていきますよね。

このように成功確率は

逆三角形の構図で定義できます。

目標→方法→実行

この3つはどれも

間違ってはいけないのです。

ほとんどが間違った目標とやり方ばかりしている

成功しない理由①目標が間違っている

物理的に実現不可能なことを
目標にしている


何かの目標を立てる時に、

  • 「去年は1日1時間しかできなかったから
    今年はその10倍頑張るぞ!」とか
  • 「営業で頑張って1億稼ぐぞ!」



など今やっている量を倍にした

目標数値を立てていませんか?


とにかく

一生懸命頑張っちゃう人です。


根性があり何事にも

必要な要素ではありますが

当然、自分があてられる時間や体力も

限界がありますし

今の状態から劇的に時間の使い方、

体力の向け方を

変えることは実に難しいものです。

今の状態で、10倍とか

無理のある目標を立ててはいけません。


よく社内でも

「気合いで頑張れ!」

と精神論を唱える人もいますが、

それでうまく事業が回ることは

まず稀です。


家庭でもそうですが、

睡眠時間をけずって

家事を10倍頑張るといった

目標なども無理があり絶対に失敗します。


今の状態で無理な目標を立てるのは

やめましょう。

成功しない理由②やり方が間違っている

目標と関係のないことばかりに
時間を使っている

正しい目標が立っても

やり方が間違っていれば

成功しません。


  • 目の前の問題が気になって
    そればっかりに時間を使ってしまう人
  • 簡単にできることばかりをやって
    重要な作業を後回しにしていまう人


これに当てはまる場合は

目の前に生じている問題は
目標達成に直接的につながるかどうか

を冷静に考えることを

おススメします。



YESならやる!

NOなら一切やらない!

を徹底する潔さです。



例えば、

あなたが美容室の経営者だと

仮定します。


全国制覇を目指し

新店舗の一号店かまえたとして、

「よし!美容院事業で1年以内に1億稼ぐ」

って目標を立てたとします。




その目標は方法論が合っていれば

成功するのですが、

経営者である自分が

お客さんのクレーム対応に追われていたり、

社員の身だしなみが悪いからその指導に

仕事時間の大半を割いていたら

どうでしょう?

いくら時間をかけたところで

1億を稼ぐことは難しいです。


社員の身だしなみが良くなることと

1億稼ぐことは

まったく直接的な関係がないのです…


目の前の問題にばかり気を向けて

その問題が解決されたところで

目標につながらないことばかりを

やっているのです。



「その問題は解決せんでええ」

という思考を持つことが重要です。


加藤さんが解説する

この動画も参考になります。

正しい目標設定をして成功する方法

①5秒で目標が降ってくるまで思考力を鍛えよう

「右も左もわからなけど、
とにかく目標設定と方法論の精度を上げて
成功確率を高めたい」

と思う方は

実力があり信頼性のある人から

考え方の基礎を整える思考術を学び、

それを自分のものにしましょう。

※むろん私は加藤さんから教わりました。

こし

読書もそうですが、
足りない知識や経験値で
何かを自力で考えるより
本で知識をインプットした方が
問題解決なんかも早いです。



実は目標というのは

あれこれ考え倒してできるものではなく

5秒で頭から降ってくるものです。


降ってくるというのは

何か物理的に降ってくるとか

そういうことではありません(汗)



”世の中は○○だから

私は○○をやろう

と秒で思いつくのです。


どういうことかというと



例えば、

仕事やプライベートでも

これなら誰にも負けない分野はありませんか?

アイディアや提案でも何でもいいです。




そういうのは

あれこれ情報収集やリサーチして出たもの

というよりかは

長年で得た知識や経験値が

脳内で集積し、

それらが複合されて出てきた

賜物であるはずです。


その分野に対しての引き出しが

すでに脳に沢山備わっており

引き出しにある材料をどう調理し、

どう組み立てるかも知っている。

そうすると

その分野では

あれこれ時間をかけて考えなくても

突然ふと

精度のいい目標を立てることができます。

頭の中には良質な材料もあり、

思考の流れが整っているからです。

②思考を鍛えたら、3つの視点で正しい目標をたてよう

1:成功できる可能性があるかを判断する

個人で何か事業を始めようと

考えていて成功するか否かの判断は

以下の3つで判断します。

  • 成功している人がすでにいること
    その道で成功者がいるかを調べる
  • 成功者がいっぱいいること
  • 大手がいないこと
    大手と同じ土俵に立つのではなく、
    大手がやっていない分野を責める
    (大手と争ったら個人は負ける)

2:上の3つにYESであればGO→成功者のやり方をマネする

条件を満たしていて、

その道の成功者がいれば

徹底的にやり方をリサーチして

徹底的に真似をします。


方法論を研究することで

目標の精度も上がっていきます。

3 最後は「やる」に徹底する

あとはやるだけ状態なので、

成功に向けて

ひらすらやるだけです。

まとめ

  • 正しい目標と方法論、実行力がないと成功しない
  • 限りあるリソースをあてにすると失敗する
  • 目標は考えて作るのではなく、5秒で降ってくるもの
  • 目標と直接関係のない問題に時間を投資しない
  • 思考の流れを整えることで目標が立つ


この内容を含めた

実際の1章の内容は下にあります。

こちらから視聴してみると

この記事の数十倍、

発見があると思います。

次世代(第1章)見どころ

・美容院事業で週一で年収1000万稼ぐ方法
・ワインソムリエで稼ぐ方法
・アフィリエイトを成功させる方法
・講師が1日3時間で1億のビジネスを作った内容
・1年以内に営業ナンバーワンになって1億稼いだ人の話

最後の営業マンの話は

道幸武久さんのお話です。

加速成功の本は

講師加藤さんもおススメしています。


他も参考にしながら

記事を増やしていこうと思います。

次世代


この記事が「ためになった!」と思ったら、ポチっと押してくれると嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

おすすめ無料動画